相続に関することから債務整理、成年後見や民事訴訟、不動産登記、各種商業登記など

司法書士の業務

司法書士は、債務整理、成年後見や民事訴訟、不動産登記、各種商業登記など、法律に関連する幅広い業務を行っています。

司法書士は身近な法律の専門家です

  • 借金を解決したい
  • 金銭トラブルを解決したい
  • 過払い金がありそう
  • 相続が発生した
  • 遺言書を作っておきたい
  • 家族信託ってなんだろう
  • 不動産の贈与をしたい
  • 親が認知症になる前に対策したい
  • 土地を購入する予定だ
  • 抵当権の抹消をしたい
  • 会社を設立したい
  • 役員を変更したい
  • 会社の目的を変更したい
  • 成年後見について知りたい
  • 自分の死後が心配だ
  • 建物を明渡してほしい

など

困ったらまず司法書士に相談を。

具体的には、相続手続きや遺産分割、遺言などに関する手続きや書類の作成、成年後見制度に関するお手伝い、借金の整理や過払い金の返還請求などの手続きや書類の作成、民事訴訟の手続きや代理人としての弁論 などのほか、不動産登記や各種商業登記など、さまざまな業務を司法書士は取り扱っています。

※「認定司法書士」は金額140万円までの民事訴訟の代理人となることができます。

遺産相続・遺言書作成など

相続財産の調査から、預金相続手続きや相続登記といったご遺産の相続手続きのほか、生前の遺言などによる財産承継などに関する手続きを司法書士がお手伝いします。

  • 預金相続手続き
  • 相続登記
  • 遺産分割手続き
  • 相続人調査
  • 相続放棄手続き
  • 遺言書作成
  • そのほかの相続や遺言に関すること

遺産相続・遺言書作成などについて詳しく

借金の整理や過払い金の返還請求など

債務整理など

銀行などの金融機関のほか、サラ金や街金などの貸金業者に対する債務整理などについて法律の専門家として司法書士が解決します。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 過払い金返還請求
  • そのほかの債務整理などに関すること

債務整理などについて詳しく

日常生活や財産管理などの支援を行なう成年後見

成年後見・家族信託・財産管理など

成年後見制度は、すでに判断能力が不十分となっている方が利用する「法定後見制度」と高齢や認知症などで将来判断能力が不十分となったときに利用するための「任意後見制度」があります。

その他、自由度が高い「家族信託手続き」も司法書士に相談できます。

  • 法定後見
  • 任意後見
  • 家族信託
  • 高齢者の財産管理
  • 障碍者などの財産管理

成年後見・家族信託などについて詳しく

裁判に関するさまざまな手続きや代理業務

民事訴訟など裁判に関すること

訴訟を起こす際の訴状や民事調停の申立書などのほか、裁判所に提出する書類を司法書士が作成します。また、簡易裁判所での訴訟手続きなどを本人の代理人として行います。

  • 民事訴訟
  • 調停
  • 差押え
  • 簡易裁判訴訟代理
  • 告訴
  • 告発
  • 裁判所・検察庁提出書類作成
  • そのほかの民事訴訟などに関すること

不動産や法人に関する法律業務

不動産登記・各種商業登記など

司法書士は不動産を売買した場合の所有者の変更の登記や、会社を設立する際の設立登記などを行います。

  • 所有権移転登記
  • 所有権保存登記
  • 相続登記
  • 抵当権設定
  • 抵当権抹消
  • 会社設立登記
  • 定款認証代理
  • 役員変更登記
  • 本店移転登記
  • 商号変更登記
  • 目的変更登記
  • そのほかの不動産登記や商業登記などに関すること

そのほかさまざまな法律業務

法律にかかわるあらゆる業務を司法書士が行っています。

  • 交通事故交渉
  • 借家関係
  • 労働問題
  • 内容証明
  • そのほか
ページTOP